ダージリンは北東インドに位置し、
高いところでは標高2000mまで達する
ヒマラヤ山麓の産地です。

当時インドに進出していたイギリス人達の元で、
19世紀中頃からお茶作りが始められました。

ダージリン・ティーは山間のお茶ならではの
香り高く、すっきりとした味わいで
広く知られていますが、
生産量はインド紅茶の1%前後と、大変希少。

まさに紅茶の王様とも呼ぶべき存在なのです。

ダージリンには3つのシーズンがあり、
こちらでご紹介するのはセカンドフラッシュ。

5月末~6月頃の芽吹き、ダージリン2番めの「旬」です。

緑がかったファーストフラッシュから一転して、
一般的に茶葉は褐色に、水色(すいしょく)は深い琥珀色に。


ごく一部の紅茶に
「ムスク」「マスカテル」と呼ばれる芳香が現れ、
香ばしさと、熟したフルーツのような香りが重なる
この時期だけの美味しさです。

その他にもバラエティー豊かに紅茶が作られ
殊、ダージリンの奥深さ・芸術性を
感じる事のできるシーズン。

近年、ファーストフラッシュも大人気ですが、
もともと日本はセカンドフラッシュを好んで
買い付けをしてきました。

最高のダージリンに出会える季節に
注目してきた伝統を大切に、
シルバーポット厳選の
極上セカンドフラッシュをお届けします。


※便宜上、セカンドフラッシュ後の雨季に作られるモンスーンティーも
当カテゴリからリンクをはってご紹介しています。


表示切替: 並び順:
8件中1件~8件を表示
8件中1件~8件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

色:土曜・日曜・祝休日は発送がお休みです。
※更新が遅れる場合があります

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ