インドの右下、インド洋に 涙のしずくのように浮かぶ島、スリランカ。
その名は「聖なる光り輝く島」を意味するのだそうです。

かつてはコーヒーの栽培が盛んでしたが、
19世紀後半から紅茶栽培に切り替わり、
その紅茶は旧国名の名残で「セイロン紅茶」の名で親しまれています。

九州より少し大きい程度の国土ですが
世界最大級の紅茶輸出国、という 「紅茶界の小さな巨人」!

産地は標高によって
高地産・ハイグロウン(標高約1200m以上~)、
中地産・ミディアムグロウン(600~1200m)、
低地産・ローグロウン(600n以下)と、 カテゴライズされており、
高地ではインドのダージリンと同様
中国種ないしはその流れをくむ茶樹が、
中・低地ではインドのアッサム系茶樹が中心に植えられています。


また、季節風の影響が大きいのも特徴的。
1~3月頃に吹く北東季節風は、中央山脈で雨を落としたのち、
西側斜面のディンブラやヌワラエリヤに
乾いた冷たい風となって吹きつけ、
ひきしまった茶葉からは良質の紅茶を作られます
(クオリティーシーズン)。

逆に5~9月頃に吹く南西季節風は同様の原理で
東側斜面のウバやヌワラエリヤの一部を
乾燥して風の多い気候にし、
鮮やかな紅茶が生まれるクオリティーシーズンをもたらします。

スリランカは、かつては「セイロン」、
さらに昔はアラブの世界で
「セレンディブ」と呼ばれました。

「セレンディンブ=Serendib」
という言葉をもとに
英語のserendipityという言葉が
生まれたそうですが、
これは思いがけない閃きから
幸運をつかむ様をさします。

という訳で、セイロン・ティーは
何だか良い予感がする言葉に名前のルーツを持つ紅茶。

シルバーポット厳選の美味しさ通して、 心はずむひと時をお届けいたします。

表示切替: 並び順:
8件中1件~8件を表示
8件中1件~8件を表示

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

色:土曜・日曜・祝休日は発送がお休みです。
※更新が遅れる場合があります

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ