ヒマラヤンロイヤルルビー、2013年末以来の入荷です。

生産量少ない「ジュンチヤバリ、幻の紅茶」ですが
使用する品種の茶樹を少しずつ増やす事により
最近はもう少し安定生産できるようになりました。

とはいえ、
世界中から来る引き合いにはとても応えきれないという
希少なお茶である事に変わりありません。


ネパールティー発祥には、こんな逸話があります。

「19世紀の半ば、中国の皇帝より、
時のネパール宰相にしてラナ王朝の始祖、
ジャング・ バハドゥールに茶の種が贈られた。

1861年にバハドゥールの信任あつい
タパ大佐がイラム地区に
この種を播いたのが
ネパールティーの発祥である」







時はめぐり、中国皇帝より贈られた種からお茶の樹が育ち、
そしてまたその種や挿し木から新しいお茶の樹が生まれ、
一部はジュンチヤバリ茶園に。

この皇帝の茶樹の子孫と台湾の品種、
そして日本の品種の3つを使ったトリニティーこそが
ヒマラヤン・ロイヤル・ルビー。

日台中がネパールで融合した、実に不思議な紅茶なのです。

どことなく赤味のある琥珀の水色が名前の由来。

一口飲むとほのかに甘く、渋み・えぐみはありません。

レッドベリーにローズ、ハニーの香り、
最後に広がる、ほんのりフレッシュ・ジンジャーを思わせる
スパイシーな余韻が特徴。

前回は秋摘み、今回は夏摘みですが、この魅惑の風味は健在です。

丸く穏やか、そして風雅なこの紅茶には
「いつかは台湾の東方美人、中国の鳳凰単叢、そして日本の玉露に並んで
知られるジュンチヤバリ・スペシャリティーになるように」
というジュンチヤバリさんの期待を背負っています。

ちなみに2013年版は、スウェーデン・シルビア王妃の
バースデー・プレゼントに贈られたそうな。


ネパールにルビーのようにキラリと輝く紅茶、
ぜひご堪能ください。


About The Leaf

大ぶりな茶葉、美味しさをぎゅっと秘めています。



淹れかたの目安

茶葉2gに対して熱湯200cc、蒸らし時間は4~5分ほど。ストレートティーでどうぞ。
お好みに合わせて調整を。淹れ方次第で2煎め、3煎めもお楽しみいただけます。

シルバーポット流、美味しい淹れかた もご覧下さい。



【送料無料】[紅茶]ネパール2016年セカンドフラッシュ・ジュンチヤバリ茶園Himalayan Royale Ruby(50g)

価格: ¥3,240 (税込)
数量:

合わせて利用ください

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

色:土曜・日曜・祝休日は発送がお休みです。
※更新が遅れる場合があります

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ