CTCは茶葉の形状を指す言葉で、製法のCrush、Tear、Curlの 頭文字に由来します。

専用の機械を通してCrush(潰す)、Tear(裂く)、Curl(丸める)するとコロコロと丸い茶葉の出来上がり。

茶葉は茶汁を充分にまとっており、湯に入れた時にサッと紅茶らしい液色が出るという特徴はティーバッグの普及に大いに貢献しました。

CTC製法は様々な産地で採用されていますが、コックリとした味わいをお楽しみいただけるアッサムのCTCは煮出しミルクティーにぴったり。
チャイにこれ以上合う茶葉は無い!と思わせてくれる無敵の存在です。










当店初登場のアッサムCTCシロニバリ茶園。大きめのBPSサイズです。

牛乳との相性抜群、煮出して作るミルクティーは包み込まれるようなコクで、お砂糖を加えればなんだかミルクチョコレートを思わせる美味しさ。

煮出しミルクティーがお勧めではありますが、ポットで淹れるスタイルでも充分飲みごたえのあるミルクティーをお楽しみいただけます。
茶葉が持つほんのりとしたフラワリーさ・ドライフルーツを思わせる香りがきいた、親しみやすくも品格のある風味が素敵です。

当店の定番CTCと言えばアッサム ハティマラ茶園ですが、同じように多くの方にご愛飲いただける事を願ってシロニバリをご紹介致します。






茶園について


インド北東部の最果てアルナチャルプラデシュ州に接するアッサム州ラキンプル県の茶園。1836年に開拓されました。
「シロニバリ」はこの地の空を舞うトビの一種「Chilloni」「Cheel」の名が転じたものと言われています。
N436 P126 TV1といったクオリティークローン(品種)を導入しており、素材へのこだわりが品質の良さに繋がっています。



作り方の目安


煮出して牛乳&お砂糖を加えるチャイスタイルでいかが。

茶葉6~9gに対し水200cc、牛乳150cc、お砂糖は茶葉量より少し多いくらい。

まず、小なべに水と茶葉を入れ、一煮立ち。牛乳&お砂糖を入れ、もう一煮立ちしたら出来上がり。茶漉しで漉してお召し上がりください。
分量等は、お好みで調整を。

◆ポットを使う淹れ方
茶葉3gに対して熱湯150~200cc、蒸らし時間は3.5~5分ほど。お好みに合わせて調整を。
シルバーポット流、美味しい淹れかた もご覧下さい。




紅茶 アッサムCTC セカンドフラッシュ 2019年 シロニバリ茶園 BPS 50g 1配送1690円以上のお買い上げで送料無料

価格: ¥777 (税込)
数量:

●商品規格【名称】 紅茶 【原材料名】 紅茶  【内容量】 50g 【賞味期限】 別途商品ラベルに記載 【保存方法】 直射日光や高温多湿を避け冷暗所で保管してください。 【原産国名】 インド 【加工者】 有限会社シルバーポット 東京都文京区大塚6-22-23

>> お徳用100gパックはこちら
>> お徳用200gパックはこちら
>> お徳用500gパックはこちら

合わせてご利用ください

送料に関してのご案内

詳細はこちら


カレンダー
  • 今日
  • 休業日

色:土曜・日曜・祝休日は発送がお休みです。
※更新が遅れる場合があります

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ